証券外務員二種:人気の公的資格・通信講座|スクール紹介

証券外務員二種/人気の公的資格

証券外務員二種

証券外務員とは、金融機関などで有価証券や投資信託
などの金融商品取引業務を行う人の事を言います。

 

証券会社で有価証券や投資信託などの販売や取引の
勧誘業務を行うためには、日本証券業協会が実施する
証券外務員の資格を取得する必要があり、
金融機関等への就職の後、金融庁に届出を行って
初めて証券外務員として働く事が可能になります。


証券外務員資格の種類

証券外務員の資格は、正会員資格(証券会社など)と
特別会員資格(証券以外の金融機関)の2つに分かれています。

 

証券会社などの正会員資格には、
証券外務員一種・証券外務員二種という資格があります。
そして、銀行などの特別会員資格には、
特別会員一種外務員・特別会員二種外務員・特別会員四種外務員の資格があります。

 

証券外務員の資格は、金融商品取引業者で外務員として登録を受けるために必要不可欠な資格ですが、
証券外務員二種資格では、株式・国債・公社債・投資信託など現物のみの取り扱いになります。

 

先物・オプション・デリバティブ等の有価証券に関わる
すべての金融商品の取り扱いを行う為には、証券外務員一種の資格が必要になります。

 

証券外務員二種資格試験は、法改正により一般の方でも受験できるようになっており、
最初は、まず証券外務員二種資格を取得し、実際に証券会社で働き経験を積んでから
証券外務員一種の資格を取得するということになります。

 

そして、証券会社等への就・転職を目指す方が、履歴書でアピールすることを目的に、
前もって証券外務員二種の資格を取得するケースも増えています。

証券外務員二種の資格習得のメリット

証券外務員二種の資格取得は、下記のような方にお勧めです。

 

  • 証券会社、銀行等、金融機関に就職・転職を考えている方
  • 証券外務員一種の資格へステップアップしたい方
  • 金融系資格を取得してスキルアップしたい方
  • 株式について勉強して、将来トレーダーとして活躍したい方
  • 将来ファイナンシャルプランナーや証券アナリスト等の資格にステップアップしたい方

証券外務員二種資格試験概要

証券外務員二種の資格試験概要は、下記の通りになっています。

 

資格名証券外務員二種
資格の種類公的資格
受験資格年齢・学歴・国籍等に関係なく、誰でも受験可能
試験日原則として、月曜日から金曜日の毎日

(土日祝日、年末年始を除く)
(但し、試験会場により異なる)

試験科目1.法令・諸規則

・金融商品取引法及び関係法令
・投資信託及び投資法人に関する法律並びに関係法令
・協会定款・諸規則
・取引所定款・諸規則
2.商品業務
・株式業務
・債券業務
・投資信託及び投資法人に関する業務
・付随業務
3.関連科目
・証券市場の基礎知識
・株式会社法概論
・経済・金融・財政の常識
・財務諸表と企業分析
・証券税制
・セールス業務

試験方法会場に備えられたPCで実施

70問(○×方式50問、五肢選択方式20問)

試験時間2時間
合格基準300点満点で7割(210点)以上の得点
不合格の場合・不合格となった試験の受験日の翌日から30日間は受験不可

・3回連続で不合格となった場合、3回目の受験後180日間は4回目の受験不可

試験場所全国の主要都市