簿記検定:人気の公的資格・通信講座|スクール紹介

簿記検定/人気の公的資格

簿記検定

簿記の資格には、大きく下記の3種類があります。
・日商簿記
・全商簿記
・全経簿記

 

その中でも、3種類の中では認知度も難易度も高いのが

日商簿記であり、一般的に簿記検定というと、
この日商簿記の事を指すことが多いです。

 

最近では、簿記の資格を取得しておくと、大学の推薦入学に有利とも
言われていますし、就職活動に関してもアピールポイントになるようです。

 

特に、会社の経理・財務部門での仕事を希望している方には必須の資格です。
また、将来税理士や会計士になるのを目指している方は、
早めに勉強を始めて資格を取得しておくべきです。


簿記検定の資格習得のメリット

企業の管理業務や財務・経理に係わっている担当者にとって、
会計知識・経営状態を把握するために、数字で判断するのは必須です。
簿記を勉強する事でその判断する力の基礎を学ぶことが出来るようになります。

 

簿記は、全てのビジネスの基礎となっている知識であり、
企業活動・事業の将来性から経済の仕組みまで理解できるようになります。
何も経理や財務の仕事をする人が必要なだけではありません。

 

そして、下記のような立場の人にとって、
簿記の資格を取得する事で、仕事上有益になることは間違いありません。

 

  • コスト管理を徹底して、会社の利益に貢献したい管理職
  • 営業成績を上げ、利益率も上げる事によって企業の利益を伸ばしたい営業担当者
  • 運営効率を上げ、会社の利益に結び付けたい工場責任者
  • 自分で独立して、将来会社を運営するという夢を持っている方
  • 公認会計士や税理士等の国家資格を目指している方
  • 自分自身で、将来のための資産運用を行いたい方

 

ユーキャンの通信講座はコチラ

日商簿記検定試験 / 各級のレベル

日商簿記検定は1級から4級までがあり、
大まかに言うと、各級の知識・習得レベルは下記の通りになります。

 

1級レベル 税理士、公認会計士などの国家試験の登竜門

大学程度の商業簿記・工業簿記・原価計算並びに会計学を修得し、
財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、
経営管理や経営分析ができるレベル

2級レベル 高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)

を修得
財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握でき、
会社の経営管理に役立つレベル

3級レベル 商店・中小企業の経理事務に役立つ、財務担当者に必須の

基本知識を修得
営業・管理部門に必要な知識として、経理関連書類の読み取りができ、
取引先企業の経営状況を数字から理解可能のレベル

4級レベル 簿記入門編

勘定科目に仕訳でき、複式簿記の仕組みを理解し、小規模小売店
の経理に役立つレベル
*東京など4級試験は実施されない商工会議所があります

日商簿記検定試験の概要

日商簿記検定試験の概要は、下記の通りになっています。

 

資格名日商簿記
資格の種類公的資格
受験資格年齢、学歴、経歴等による制限はなく、誰でも受験可能
試験期日3級/2級:年3回(6月・11月・2月)

1級:年2回(6月・11月)

試験内容/3級「商業簿記」

基本的な商業簿記・記帳・決算の実務

試験内容/2級「商業簿記と工業簿記」

高校程度の商業簿記および工業簿記
(初歩的な原価計算を含む)などの理解

試験内容/1級「商業簿記・会計学」と「工業簿記・原価計算」

大学程度の商業簿記・工業簿記・原価計算並びに
会計学の理解、財務諸表規則・企業会計に関する法規の理解

試験時間3級/2級:2時間

1級:「商業簿記・会計学」が1時間30分
「工業簿記・原価計算」が1時間30分の計3時間

合格基準3級/2級:100点満点で70点以上

1級:100点満点で70点以上
(1科目でも10点未満の科目がある場合には不合格)
[各科目25点満点で、4科目計100点満点]

実施団体日本商工会議所

 

簿記検定